姿勢不良や動作不良から起こる腰痛③

姿勢不良や動作不良から生じる腰痛というテーマで屈曲型腰痛伸展型腰痛についてお話してきました。

今回は3つめの回旋型腰痛について詳しく説明いたします。現在腰痛がない方もこれから紹介する回旋の評価を行い、

問題点があれば予防としてエクササイズを行いましょう。

※注意事項

  • このエクササイズを行えば、絶対にこの痛みが良くなるというものは、残念ながら存在しません。
  • 下記に当てはまった方でも、紹介したエクササイズが適切な種目ではない可能性もあります。
  • エクササイズによって痛みが強くなる場合は、直ちに中止してください。

 

回旋型腰痛

身体を捻る動きで痛みが生じるタイプを回旋型腰痛といい、日常生活では、寝返りをうつ、後ろを振り向く、横に身体を向けるときなどのときに痛みが生じやすいです。

以上のような問題が起こりやすい人は、普段からどちらか一方に身体を捻ることが多い、座っているときに脚を組みやすい、猫背姿勢などがあてはまる人に多く見られます。

それでは、以下の画像を参考に回旋の動きを評価してみましょう。

回旋1

 

回旋2

 

身体を捻るという動作は主に、胸、腰、股関節をそれぞれ捻る動作の複合的な動作になります。その中で問題が生じやすいケースとして、

①胸が開かない

②骨盤の動きが少ない

という2つが挙げられます。、両方にあてはまる方もいらっしゃいます。

問題点①は胸椎(背骨の一部で首と腰の間)を捻る可動域に制限があることで胸が開かないことが多く、

問題点②は右に身体を捻る場合は右股関節を内側に捻る動き、左股関節を外に開く動きが骨盤の動きに大きく関わります。

以上2つのように胸椎や股関節の動きが少ないと、その分を腰を過剰に捻ることで動きを補うことがあります。

また、腰を安定させる筋肉が働かない影響から腰を過剰に捻ってしまうこともあります。

身体を捻るようなスポーツを行ったことがある方は、身体を捻る際に「もっと腰を捻ろう」と意識したことがあるかもしれません。

ですが解剖学的に考えると、腰(腰椎)は胸や股関節に比べ捻る可動域が小さい関節のため、腰を捻ろうとすると負担がかかり、痛みを生じさせる可能性が出てきます。

その為、身体を捻る際は胸椎や股関節の動きを意識しながら身体を動かしてみましょう。

 

それでは、以上の問題点を改善するためのエクササイズを動画を見ながら確認してみましょう。

※スワイプすることで動画が表示されます。

5種目紹介しておりますが、

1のデッドバグは皆様に共通して最初にやっていただき、

問題点①に対応するエクササイズは2と3

問題点②に対応するエクササイズは4と5となっております。

①、②ともにあてはまる方は5種目行っていただけたらと思います。

 

エクササイズを行ったら再度回旋動作を行い、最初の動きと変化があるか、腰の痛み、違和感が消失したかを確かめてみましょう。

変化が出た方は今回のエクササイズを継続して頂き、変化が出なかった方は他に原因があることやエクササイズが正しく行えていなかったなどが考えられます。

 

今まで3つのタイプについてお伝えしてきましたが、どれか2つや3つ全てが複合する場合もあり、混合型腰痛と呼ばれるタイプがあります。

痛みがない方も、評価してきた中で全ての動きに問題点があったという方もいらっしゃると思いますので、それぞれに対応するエクササイズを行っていただけたらと思います。

今後も新しい情報などが入りましたら追記しますので、引き続きブログのチェックをお願いいたします!